成功的なインプラント願ったら? “韓屋の大梁に注目しなさい”
作成 : 관리자 | ヒット数 : 783 | 2012-03-24 10:28:56

成功的なインプラント願ったら? “韓屋の大梁に注目しなさい”

 

[朴英煕記者 / 写真金剛柔記者] よく韓屋では大梁が一番重要だと話す. 大梁が柱が受ける荷重をナヌォバッゴあるからだ. ここに韓屋に使われる不在の中でも大梁は一番厚くて大きい. これは構造と構造の間で ‘連結’の大切さが引き立つ書き入れ時だ.

韓屋では屋根の荷重が一番多く出る. 屋根に重い垂木や瓦などが上がっていて大梁の役目がそれほど重要だ. 重い荷重を支持する柱と柱の間に渡る大梁が韓屋の均衡と荷重をそっくりそのまま負担していること.

おかげさまで大梁は重要な役目をする人や事物に付ける修飾語の形態でたくさん使われて来た. 仮装(家長)や長男など家の中で象徴性を持った人物や, 一企業の未来を責任負うメイン製品などを構える時使われて来たのだ.

大梁的な概念を歯科治療に適用したら一番適当な手術がインプラントだ. インプラント喪失された歯牙空間に構造物ができて人工歯牙を植える手術で, 大梁的な役目をすることがすぐ人工歯牙と歯槽骨の間を連結してくれる ‘構造物’だ.

インプラント手術時には構造物が生体親和性が好き, 歯槽骨と結合がよくできる材料を選択すると手術この後副作用を減らすことができる. 歯槽骨の強盗と骨との結合能力が優秀するほどインプラント手術が成功的に成り立つ.

構造物が大梁の役目を確かにしたら, 歯槽骨と人工歯牙との結束力がもっと強まる. これは結果的に人工歯牙がまともにできた自然歯牙の役目ができるということを意味する. 構造物の完成度が喪失の前自然歯牙が自分でいた歯牙本然の機能及び形態の審美性, 著作機能, 発音の正確性を作るのだ.

また歯槽骨と人工歯牙の強い結束力はインプラントの治療期間も画期的に減らした. 一般的なインプラントは歯牙抜歯後 1‾2ヶ月が経った時点でイムプルラントルを進行するようになる.

しかし ‘One-day インプラント’ などの直ちにインプラントは歯牙抜歯後直ちにインプラント歯牙を植える. 地帯株の役目をする補綴物を素早く装着することができるのに可能になった事だ. ここに歯牙のない不便さは最小化して審美的な部分を満足させることができる.

ただ専門家たちは直ちにインプラントに対して選択的適用をお勧めする. 直ちにインプラントがすべての場合に適用されないからだ.また意思の正確な診断を通じて自分に適当なインプラント方法を選択することは勿論で, 熟練された専門医によって進行されなければならないという点を強調した. (ヘルプ: ホワイトスタイル歯科ギムズンホン院長)

韓経ドットコム wスターニュース記事情報提供 life@wstarnews.co.kr



江南區驛三洞822-2ビジョンタワㅡ14階 | TEL : 82-2-7554-7287 | FAX : 82-2-556-7528
Copyright ⓒ Whitestyle. All rights reserved. Contact : white@whitestyle.com For more information.