兎のように飛び出した前歯も ‘ラミネート’すれば淑やかになる?
作成 : 관리자 | ヒット数 : 1940 | 2012-04-11 17:30:20

兎のように飛び出した前歯も ‘ラミネート’すれば淑やかになる?

 

 

 

 

 

 


[移送が記者] '出っ歯'はこれからたくさん飛び出した前歯を称える言葉だ. 前歯二つが顔で占める部分は極めて一部だが出っ歯や兎前歯のように歯牙が外に突き出されていれば淑やかな感じを与えにくい.

出っ歯があればどうしても笑うよりは曲がっている顔をするようになって自然なほほ笑みや出にくくなる. だから他人にちょっと荒い印象を残すことができる.

だけでなく状態が少しひどい出っ歯は青少年期にひどいストレスにつながりたくて友達には冷やかしの対象になったりする. だからひどい場合大人忌避症やコンプレックスにまで位置づくことができる.

こんなに出っ歯やひどく突き出された前歯で悩んでいる人々にラミネートが一番效果的な治療方法で頭をもたげている.

ラミネートは何だろう? ラミネートは '薄ら版をかぶせる'という意味で人造爪の概念とも似たり寄ったりだ. すなわち望む模様と色形態の歯牙模様セラミックス薄片を歯牙表面に付着させることで損傷されるとか変形または変色された前歯を正常な姿で修復する手術方法だ.

ラミネートの長所はなによりも歯牙の削除量がほとんどない保存的治療方法というのだ. また望む模様と色を付与することができて審美的な效果がすぐれるというのだ.

だけではない. ラミネートは優秀な摩耗抵抗性を持っているし費用が相対的に経済的で手術時間も短い. 精緻に手術されるから痛症が少なくて痲酔がほとんど必要ない位だ.

ラミネートで治療をする時には審美校正専門医とコンプレックス熾烈の校正範囲で診断が必要だ. これが拗くれているとか飛び出している時正常な範囲から脱した部分を整えてその上に 0.5‾0.8mm厚さのラミネートを付ければ良い.

歯牙配列が選ぶことができないとか歯牙間が起った場合, 笑う時歯ぐきがたくさん見える場合, 歯牙色のため悩む場合にはラミネートが效果的な治療方法になることができる. 歯牙コンプレックスから脱して明るい笑いを持つ願ったらラミネート専門歯科を尋ねて専門医と相談を受けた方が良い.
(ヘルプ: ホワイトスタイル歯科ギムズンホン院長)

韓経ドットコム wスターニュース記事情報提供 life@wstarnews.com

 



江南區驛三洞822-2ビジョンタワㅡ14階 | TEL : 82-2-7554-7287 | FAX : 82-2-556-7528
Copyright ⓒ Whitestyle. All rights reserved. Contact : white@whitestyle.com For more information.