インプラント後タバコ吸ったら “はっと! 私の歯牙が…”
作成 : 관리자 | ヒット数 : 2044 | 2012-04-11 17:36:55

インプラント後タバコ吸ったら “はっと! 私の歯牙が…”

 

 

 

 

 

 


[天恵や記者] 年を取れば歯ぐきが弱くなりながら歯牙をまともに支えることができない. 歯牙の機能がスェヤックされれば著作機能にも問題が発生する. これは生活に不便さを与える上に食べ物をまともに食べることができなくて免疫力を落とす.

だけでなく歯ぐき骨が消える問題まで惹起させることができる. このような場合には普通フレームだから, ブリッジ, インプラント施行する. トルニは人工的に作って歯ぐきに挟んだ抜いたと言う歯牙だ. しかしトルニはタルブチァックによる歯ぐき損傷が発生して最近にはイムプルラントルをたくさんする成り行きだ.

インプラント歯牙の空席に人工歯牙を植える手術だ. これは接した歯牙の損傷なしに進行されるから著作能力を高めてくれてトルニに比べてかむ力が強くて着心地がすぐれる. しかし誤った生活習慣を維持するようになれば手術の副作用と共に高いインプラントが無用の物になることができる.

インプラント副作用では感染と感覚以上, ゴ−ルユチァック失敗によるインプラント消失などの問題がある. 感染の場合外科的な手術だから少しの感染があり得るが適切な抗生剤処方なら易しく回復する.また炎症によって神経が損傷されれば感覚の以上が来ることもできる. これは大体一時的や, 珍しくは永久的に現われることもできる.

インプラント副作用を起こす最大の主犯は喫煙だ. 喫煙はまともにできたゴール融合を邪魔する. 非喫煙者に比べて喫煙者の失敗率が 10倍も高くて, 炎症のために抗生剤を処方しても效果が大きく落ちる. したがってインプラントシックリブ後には最小一月位喫煙を慎まなければならない.

たまにインプラント手術後痛症を訴えるこれもある. しかし痛症を取るに足りなく思って越したらツウ移植術をトングバンした再手術をする場合が生ずることができる. だから手術後短いひまを見て何らの異常がないと言って手術結果に対する検事を疎かにしてはいけない.

またシックリブ後には 6ヶ月に一度ずつ定期検診を受けなければならない. こんなにまともに管理さえしたら一番(回)手術一インプラントは半永久的に使うことができる.

インプラント手術は患者の喫煙有無及び骨の状態によって考慮しなければならない事項が多いから手術の前患者の普段習慣までもき帳面に取りそらえる歯科医を尋ねることが何より重要だ. (ヘルプ: ホワイトスタイル歯科ギムズンホン院長)

韓経ドットコム wスターニュース記事情報提供 life@wstarnews.om



江南區驛三洞822-2ビジョンタワㅡ14階 | TEL : 82-2-7554-7287 | FAX : 82-2-556-7528
Copyright ⓒ Whitestyle. All rights reserved. Contact : white@whitestyle.com For more information.